二級建築士「学科」の初心者向け参考書おすすめ7選

二級建築士「学科」の初心者向け参考書おすすめ7選

記事内に商品プロモーションが含む場合があります

「二級建築士「学科」の初心者向け参考書を探してる!誰かおすすめを教えて!」

こんにちは!独学合格者のくりです。

二級建築士「学科」ではじめに読むべき、初心者向け参考書。

過去問を解く前に一周読むと、過去問の解説がスムーズに理解できるようになります。

しかし初心者向け参考書もいろいろな種類があり、選ぶのに迷ってしまいます。

そこでここでは、おすすめを7つまとめました。

ぼくが使って合格できた参考書も入っているので、参考になると思います。

この記事は、「二級建築士「学科」の初心者向け参考書おすすめ7選」を書いてきます。

二級建築士「学科」の初心者向け参考書おすすめ7選

1.学芸出版社|二級建築士 はじめの一歩: 学科対策テキスト

学芸出版社が発売する、二級建築士 はじめの一歩: 学科対策テキストです。

ぼくが実際に使った参考書になります。

「超入門図解」と書いてある通り、分かりやすい図で解説してくれます。

こんな感じ。↓

読むとわかりますが、文体も優しいです。

スッと頭に入る感覚がありました。

ぼくはこれを一周読んで、あとは過去問の解説が理解できないときに辞書として使いました。

この本のおかげで「勉強するための勉強」ができ、無事学科を突破することができました。

これを選べば間違いないです。↓

2.総合資格学院|2級建築士試験学科ポイント整理と確認問題

総合資格学院が発売する、2級建築士試験学科ポイント整理と確認問題。

二級建築士学科の基本をかいせつしたあと、確認問題が続く流れの本。

少し硬めの文章ですが、良い感じで空白があり読みやすいです。

ぼくは現在、この本の一級建築士Verを使っています。

「少し硬めの文章の方が、逆にはかどるな」という方におすすめ。

※この本に限らず、問題を解く必要はありません。超絶重要なのは過去問です。過去問をなんども周回しましょう。

3.日建学院|2級建築士要点整理と項目別ポイント問題

日建学院が発売する、2級建築士要点整理と項目別ポイント問題。

二級建築士の基本と、問題をまとめています。

3.コンデックス情報研究所|2級建築士 集中テキスト

コンデックス情報研究所が発売する、2級建築士 集中テキスト。

1テーマを図表・イラストを使い、見開き2ページでコンパクトに整理しています。

比較的安いです。

4.建築資格試験研究会|スタンダード 二級建築士

建築資格試験研究会が発売する、スタンダード 二級建築士。

二級建築士のポイント講義と、過去問3年分が付いてきます。

2色刷りで見やすくまとめられています。

5.エクスナレッジ|ラクラク突破の2級建築士スピード学習帳

エクスナレッジが発売する、ラクラク突破の2級建築士スピード学習帳。

要点解説と問題がセットになっています。

※ラクラク突破することはないので注意

6.学芸出版社|イラストでわかる二級建築士用語集

学芸出版社が発売する、イラストでわかる二級建築士用語集。

イラストでイメージする参考書で、2000語がルビ付きで解説されています。

辞書としても使えます。

7.彰国社|2級建築士受験スーパー記憶術

彰国社が発売する、2級建築士受験スーパー記憶術。

普通に解説しつつ、難しいところは語呂合わせで覚えるタイプの参考書です。

大学受験時に語呂合わせを利用した方には、最適かもしれません。

二級建築士「学科」の初心者向け参考書おすすめ7選 まとめ

この記事は、「二級建築士「学科」の初心者向け参考書おすすめ7選」を書きました。

初心者向け参考書にも、いろいろな種類があります。

もし迷ったら、二級建築士 はじめの一歩を選べばオッケーです。

ぼくが利用して、無事合格することができたので。

以上です!

関連記事:【たった3冊で合格】二級建築士(学科)のおすすめテキストまとめ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です