二級建築士で使える法令集おすすめ5選

「二級建築士の法規で使える法令集を探してる、、誰かおすすめを教えて!」

こんにちは!独学合格者のくりです。

二級建築士で必要になる、法令集。

学科の法規を解くときに必ず使う本になります。

しかし法令集にもいろいろな種類があり、選ぶのに迷ってしまいます。

そこでここでは、おすすめ法令集を5つ紹介します。

ぼくが使って合格できた法令集も入ってるので、参考になると思います。

この記事は、「二級建築士で使える法令集おすすめ5選」を書いていきます。

※特におすすめはこちら。↓

二級建築士で使える法令集おすすめ5選

1.TAC建築士講座|建築基準関係法令集

まずはTAC建築士講座の、建築基準関係法令集です。

ぼくが学科を突破したときに使っていた法令集になります。

まず見た目が爽やか。

「法」の堅苦しさを感じないデザインが、気楽にやりたいぼくにはぴったりでした。

さらに分冊となっています。

普通の法令集は、ふつうの一冊。

しかしTACの法令集は分冊となっていて、片手でぺらぺらとめくりやすいです。

Vol.2のところは、25問中3問くらいしか使いませんからね。

セパレートすると非常に薄くなります。

ふつうの法令集はレンガのような見た目なので、見た目からストレス軽減してくれるのが最高です。

一見、法令集に見えないのがグッド。

中身はこんな感じ。

中はほかの法令集と変わりないと思います。

ただ、よく見ると青い装飾がついていて、心理的ストレスを軽減しているなと。

TAC法令集の良いところは、ネットで線引き部分を見られること。

ほかの法令集だと、ハガキを出して線引き集を貰うこともあるそうです。

TACはすぐにネットで確認をして、当日からマーカーを引くことができます。

独学のぼくはTAC法令集を使い、本番25点中、22点をとり合格しました。

これを選べば間違いないです。↓

2.総合資格学院|建築関係法令集法令編

総合資格学院が発売する、建築関係法令集法令編。

これを試験会場でよく見かけたので、大人気の法令集です。

厚さ約3.5cmの薄型、ワイドサイズ(B5)なので、ストレスなく使いやすいタイプとなっています。

3.建築資料研究社/日建学院|建築基準法関係法令集

建築資料研究社/日建学院が発売する、建築基準法関係法令集。

こちらも試験会場でよく見かけた、大人気の法令集です。

使いやすさ・携帯性を重視したB5判サイズです。

4.建築法令研究会|井上 建築関係法令集

建築法令研究会が発売する、井上 建築関係法令集。

この黄色い法令集もたまに見かけました。

インデックスや線引きがネットで手に入るので、営業を避けたい方にもグッド。

試験だけではなく、実務まで使う方におすすめです。

5.国土交通省住宅局建築指導課/建築技術者試験研究会|基本建築関係法令集 法令編

国土交通省住宅局建築指導課/建築技術者試験研究会が発売する、基本建築関係法令集 法令編。

通称青本。こちらもたまに見かけました。

試験だけではなく、実務まで使う方におすすめです。

二級建築士で使える法令集おすすめ5選

この記事は、「二級建築士で使える法令集おすすめ5選」を書きました。

最後に選び方をまとめると、こんな感じです。

堅苦しさはいらない→TAC法令集

装飾なしの方が逆に捗る→総合資格学院、日建学院

もっと言うと、

  • 法令集選びはさっと済ませ、
  • 早く過去問を解いて、
  • 法令集に慣れることが

合格への最短ルートです。

なのでサクッと決めて、過去問を解いてみましょう。

もし迷ったら、TAC法令集を選べば間違いないです。

ぼくがこれを使って、独学で法規を学び、本番では高得点を取り合格できたので。

以上です!

関連記事:【たった3冊で合格】二級建築士(学科)のおすすめテキストまとめ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です