二級建築士の構造にある「計算問題」の勉強法【苦手なりのやり方】

二級建築士の構造にある「計算問題」の勉強法【苦手なりのやり方】

記事内に商品プロモーションが含む場合があります

「二級建築士学科の構造力学、計算問題がムズい、、もう捨てるか、、」

こんにちは!二級建築士合格者のくりです。

二級建築士の学科で、壁となるのが構造の計算部分

25点中6点が計算問題なので、捨てるのはもったいないなと。

ただ!この勉強法ならできるようになるかもです。

ぼくは計算が超苦手だったのですが、浪人時代にこの勉強法を独自に習得した結果、そこそこ得意になりました。

それを構造にも応用していて、本番では計算問題は高速で解き、もちろん満点でした。

その勉強法はこちら。↓

とにかく書き写す

計算が苦手な方だからこそできる、シンプルな勉強法です。

詳しく解説していきます。

この記事は、「二級建築士、構造の「計算問題」の勉強法【苦手なりのやり方】」を書いてきます。

二級建築士 構造の「計算問題」は解き方を覚えれば良い

構造の「計算問題」はワンパターンになります。

例えば、

  • この図面が出ると、このやり方で進める
  • トラスは、ここで切断する

などなど。

これらは毎年数値が変わるだけで、やり方は変わりません。

なので、解き方を覚えてしまえば良いことになります。

「解き方を覚えるってどうするの?そもそも理解しないと意味ないじゃん」

と反論もあると思います。

ただ解き方を覚えると、理解も付いてきます。

これはやってから実感してください。

それでは、勉強法を解説していきます。

二級建築士 構造の「計算問題」の勉強法

勉強法は「とにかく書き写す」です。

具体的に解説します。

構造計算の答えの流れを「4分割(a,b,c,d)」にすると、こんな感じ。↓

1日目:見て分からない。a,b,c,dと全ての答えを書き写す。

2日目:aまで書けた。答えを見ながらb,c,dを書き写す。

3日目:a.bまで書けた。答えを見ながらc,dを書き写す。

4日目:a.b.cまで書けた。答えを見ながらdを書き写す。

5日目:a,b,c,dと全ての答えが書けた。選択肢までたどり着いた。

5日目で、答えが書けるようになりました。

これで一問クリアです。

※ぼくの勉強法「【独学】二級建築士の勉強方法【計画・構造・施工編】」だと、やっとここでが1つ付く。

おそらく過去問7年分くらいやると、構造計算は満点を取れます。ぼくは取りました。

そして、この勉強法のポイントが2つあります。

ポイント1:時間をかける

時間をかけることが大切です。

上の例では、一問に5日間かけています。

「えーめんどくさい、時間もないし、一回で理解したいのに!」

と思うかもしれません。

しかしそれが罠で、とても難しいことです。

いきなりフルマラソンに走る、みたいな。

日々練習を重ねて、フルマラソンに出る方が良い結果が望めますね。

理解度を日々上げていくイメージになります。↓

1日目:理解度20%

2日目:理解度30%

3日目:理解度60%

4日目:理解度80%

5日目:理解度100%

ぼくは難しい問題に出くわしたときに、

「凡人のぼくが一発で理解できるわけがない、何度も繰り返してできるようになろう」

と思っています。

これは卑屈ではなく謙虚。自分に過度な期待をしないことは、物事をスムーズに進めるための秘訣です。

ポイント2:とにかく書き写す

とにかく書き写す、ことです。

読んで理解するのは、頭の良い人だけ。

大抵の人は書いて書いて、そして書いてやっと理解できます。

「うーん、これはどうなってるんだ?」

と5分も悩む時間があったら、書いたほうが良いです。

何度も繰り返し書いていると、だんだん分かってきます。

ぼくもかなり書き写しています。↓

二級建築士のノートを破棄したので、申し訳ないのですが、現在勉強中の一級の構造です。

真ん中に✕があるなど、わりと苦労している感じが分かるかなと。

一年分(7問)で、5ページほどびっしり書き写していました。これくらい書く必要があります。

二級建築士 構造の「計算問題」の勉強法 まとめ

この記事は、「二級建築士、構造の「計算問題」の勉強法【苦手なりのやり方】」を書きました。

構造の計算問題は、

  1. とにかく書く
  2. 理解度を上げていく

と、できるようになっていきます。

書き写すだけなので、誰でもできますね。

計算が苦手な気持ちはよく分かります。ぼくも本当に苦しみました。

でも分からなくて大丈夫です。暗記すればいいんです。理解は後でついてきます。

焦らないのがコツ。頑張っていきましょう。

以上です!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です